肋骨の写真をわかりやすくするために上部・中部・下部の3つにわけた画像

肋骨の中には横隔膜がありその中に肺や心臓があります。

これらは呼吸をするための大事な中枢ですね。

下部肋骨は浮遊していることもあり放っておいてもよく動きますが

中部から上部は日頃から動かすようにしないと固まりやすいのです。

特に上部は鎖骨と連結しておりここが固まらないように

動かしていくことが深い呼吸をする上でとても大事なことです。

今回はこの上部肋骨の動かし方を順に説明していきたいと思います。

上部肋骨の場所と肋骨の動き方を知ろう

肋骨には上部・中部・下部の3つの部位に分けられるとは言いましたが

解剖学的に明確な区切りがあるわけではありません。

肋骨は全部で12個の骨にわけられますので

今回はおよそ3等分するようなイメージで進めていきます。

上部肋骨(第1~3肋骨)

中部肋骨(第4~7肋骨)

下部肋骨(第8~12肋骨)

場所は画像を参考にして頂ければと思います。

(後面からの肋骨)

第1肋骨~12肋骨までの画像 

(前面からの肋骨)

また肋骨は伸展・屈曲・前方回旋、後方回旋の4つの動きに大きくはわけられます。

屈曲は猫背のように背中を前へと倒す動作

伸展は胸を後ろへと反らす動作

前方回旋は鳩尾のあたりを起点にして上と下に分けます。

回旋なので上(上部肋骨)と中(中部肋骨)と下(下部肋骨)にわけた肋骨を順番に前と後ろへ回します。

回旋は少しわかりにくいかと思いますのでよければ図を参考にしてください。

肋骨の動きが良くなるとどんな効果が⁉

肋骨の動きがよくなると様々な効果や体のパフォーマンスアップに繋がります。

どんな効果があるのか紹介したいと思います。

肋骨の動きが良くなるとこんな効果が

  • 肋骨の動きが良くなると肺の膨らむスペースができて呼吸が深くなる
  • 背中や肩甲骨まわりの筋肉が緩んで動作が楽になる
  • 肋骨まわりの筋肉が緩んで結果的に姿勢がよくなる
  • 呼吸が深くなることで全身への血流や酸素供給量が増える
  • 体が疲れにくくなり寝起きもよくなって回復力があがる

肋骨まわりが緩んで動きがよくなるだけで

筋肉や内臓、姿勢などにさまざまな良い効果が期待できます。

上部肋骨を動かすための方法

肋骨には上部・中部・下部にわけられると冒頭で紹介しました。

下部肋骨は動きやすいので固まることはほとんどありません。

反対に中部から上部の肋骨は動きが制限されやすく

固まっている方が多い印象です。

今回はその中部から上部の肋骨を固めないように

日ごろからできる運動を紹介したいと思います。

※まず胸骨と鎖骨をつなぐ胸鎖関節の場所をイメージしてください

ここが上部肋骨を動かすための起点となります

(ちなみに腕はこの胸鎖関節からはじまります)

①胸鎖関節を起点にして前後に動かします

②胸鎖関節を起点にして上下に動かします

③胸鎖関節から前に回します

(動かすときに余計な力が入らないように注意します)

④胸鎖関節から後ろ回しもします

(結果として肩関節も一緒に回ってきます)

次に中部肋骨を動かしていきます。

基本的な動きは上部肋骨とほぼ変わらないのですが

中部肋骨は鳩尾を起点に動かしていきます。

①中部肋骨は前後に回すことはできないので

前後と上下がメインとなります。まずは前後運動です。

②続いて鳩尾を起点に上下に動かします。

動きは鳩尾を起点にして動かすだけで上部肋骨とやり方は同じになります。

回旋の動きのときが少し複雑で左と右の肋骨は違う動きになります。

まず回旋を行う前に鳩尾から上と下の2分割にわけます。

左の上部肋骨が前にいくと

右の下部肋骨は後ろへ回旋します。

反対に右の上部肋骨を前にすると

左の下部肋骨は後ろにいくようになります。

この動きを鳩尾を起点にして連動させていきます。

文章だけだとイメージがしにくい部分もあるかと思います。

動画もありますので動かし方はそちらをよければご覧ください。

(おまけ)背骨も一緒にイメージするとより動きが良くなる

肋骨の前後の動きは脊椎の伸展と屈曲の動きに連動します。

お辞儀をする動きは脊椎の屈曲です。

反対に脊椎を反らせる動きは脊椎の伸展です。

これはどこを意識して動かす違いはあるものの

肋骨を前後に動かす動きと同じです。

余裕のある方は肋骨だけでなくこの脊椎も

一緒に動いているイメージをしていくと

背骨も一緒に動いて脊柱の筋肉の伸縮もしやすくなります。

上部から中部肋骨の動かし方を動画で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA