ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

有利なカラダの使い方のポイント

Point 1 関節の面がきちんと重なっている

関節にはそれぞれの動きの特性があります。

 

関節がうまく働くには、

関節の面同士がきちんと重なっていることが条件です。

 

関節面がきちんと合わさっているということは、

体の重心が、カラダを支える骨の上にきちんと乗っているとも言えます。

 

============================

 

【関節の種類と働き】

 

①球関節(多軸性):肩関節、腕橈関節、股関節(正確には臼状関節)

 

②蝶番関節(1軸性):腕尺関節、遠位・近位指節間関節

 

③鞍関節(2軸性):胸鎖関節、母指手根中手関節、足根中足関節

 

④楕円関節(2軸性):環椎後頭関節、橈骨手根関節

 

⑤車軸関節(1軸性):正中環軸関節、上橈尺関節、下橈尺関節

 

⑥平面関節(多軸性):椎間関節

 

⑦半関節(多軸性):仙腸関節、脛腓関節、手根中手関節、手根間関節

 

⑧ラセン関節(1軸関節):腕尺関節、距腿関節

 

============================

 

《単関節(2つの骨からなる関節)》

肩関節、股関節、指間節関節など

 

《複関節(3つ以上のの骨からなる関節)》

肘関節、膝関節、橈骨手根関節

 

============================

 

『系統別・治療手技の展開 改訂第3版』より引用~

 

Point 2 カラダを支える骨を立てること

カラダを支える骨がきちんと立っているということは、

理想的な姿勢アライメントの状態といえます。

 

カラダを支える骨とは頭・首・胴体・脚・足・という

体の軸に担当する体軸を構成する骨を指します。

 

頭:頭蓋骨

首:頚椎

胴体:胸椎、腰椎、骨盤(寛骨と仙骨)

脚:脛骨、大腿骨

足:中足骨、踵骨、距骨

 

カラダを支える骨が上下から最大の面積で、

荷重と反力をうけることが一番の理想なカタチと言えます。

 

Pointから外れるとカラダはどうなるのか(※重要※)

関節面がきちんと重なっていなかったり、

骨がきちんと立っていない場合、

カラダはその重心からズレた分を、筋肉、腱、靭帯で支えようとします。

 

まず、筋肉で支えようとすると筋肉は緊張して、

血液が流れにくく鳴り、次第に硬くなります。

いわゆる、「コリ」や「張り」ができるのもこのためです。

 

また、腱で支えると状態が続くと腱は肥厚して分厚くなっていきます。

組織が分厚くなるので、動かしたときに骨に擦れてゴリゴリと音が鳴るようになります。

 

最後に、靭帯で支え続けると、

靭帯は伸びてしまうか、萎縮して硬くなります。

伸びてしまうと思わぬ方向に可動域が広がってしまい捻挫などの原因になります。

また、萎縮してしまうと、関節がロックされてしまうので可動域が極端に狭くなります。

 

こういったことを避けるためにも、

やはり正しい関節面でカラダを使うこと、

カラダを支える骨を立たせるということは、

カラダのムリな負担を減らすことに繋がると言えます。