ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像
 · 

顎関節の原因 ②舌の位置

顎関節症の原因②は舌の位置です。

 

 

平常時に舌の置いている位置がよろしくないと、

顎関節周りの筋肉の緊張を促す結果になってしまいます。

 

 

ニュートラルな舌の位置は、

上、真ん中、下、どこがよいのでしょうか。

 

 

答えを言ってしまうと実は「上」なんです。

 

 

ちょうど上アゴの裏にある、

硬口蓋(こうこうがい)と言われる場所に

ペタッとくっついているのが正しい位置です。

 

 

舌先は上の歯の裏にひっつく方も

みえるかもしれませんね。

 

 

舌の位置が誤った位置になると

顎関節の異常をきたしやすいので、

ぜひ意識してみてください。

 

 

詳細は動画にて説明してありますので、

よければご覧くださいませ。

 

本日も最後までありがとうございます。