ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

【鍼の効果・効能】

 

鍼は、硬くなっている筋肉の緊張を取ることができます。

筋肉に鍼をするというのを細かく見ると、鍼を刺すことで筋肉の繊維を切っているのです。

 

筋肉の繊維が切れると、その部分に血液が流れ出し、栄養が運ばれ、前より健康な筋肉が出来上がります。

 

話しは変わりますが、久しぶりに運動をした後には筋肉痛が起こりますね。

筋肉痛も細かく見ると筋肉の部分断裂が起きて、そこを修復するために炎症が起きて痛みがおこっている状態です。

 

筋肉痛が治ると前より体が楽になっていることを経験したことがあるかと思います。

鍼の効果も運動とほぼ一緒で、簡単にいうと、鍼も意図的に筋肉の繊維を切って筋肉痛を起こし、そこを前より健康な筋肉に変えているとも言えます。

 

硬くなってしまった筋肉に鍼をすることで、そこに血液が流れ、栄養が運ばれて、最後に新鮮な筋肉に生まれ変わるということが起こっているのです。

 

当然、意図的に筋肉痛を起こしているので鍼治療をした後は怠さが残ることがあります。(個人差あり)