ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

目の下のクマやたるみへの鍼

目の下のたるみやクマの大きな原因を占めているのは、【眼球を支えている靭帯が緩む】ことです。

 

眼球周りの靭帯は、通称Lockwood靭帯なんて呼ばれますが、その靭帯がゆるむと皮膚と眼輪筋も垂れ下がり、さらに目の奥にある脂肪も支えられなくなります。

 

眼球の重みに加え、さらに靭帯の緩みから眼下脂肪が支えられなくなると、今度は脂肪が前に押し出されます。これにより、目の下がぷっくりと膨らんでしまうのです。

 

さらにさらに、この眼下脂肪が突出すると、青クマ、茶クマ、黒クマと言われる目の下のクマも余計に目立つようになってしまうのです。

 

美容鍼において目の下のたるみへのアプローチは可能です。しかし、目の下の皮膚はおよそ0.6ミリという薄さなので内出血をしやすい場所としても有名です。

 

それでも、目の下のたるみやクマをなんとかしたいという方は同意の上で、目の下のたるみや眼瞼を引き上げる美容鍼の施術をさせてもらっています。