ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

妊活コースについて

 

妊娠しやすい身体づくりと一言でいいますが、人によってどんな状態が妊娠しやすいのかは考えても正直なところはわかりません。

 

女性にも、男性にも今までの生き方や習慣があるわけですし、その方にとって一番良い方法がどんなものかは、すぐに答えが出るものではないような気もしています。

 

今後の人生の方向性さえも変えるのが、妊娠から出産を通過点とした、子育てではないでしょうか。私自身、子育ての経験はありませんが、責任を持って当たる事柄であることは親に育てらてた身として少しはわかります。

 

妊娠を望む方が目の前にいたとして、私ができること、私にしかできないことは何があるだろうと考えました。

 

妊活にあたっている女性と接していて気づいたことがあります。それは心の面で精神的な負担になっている場合も多いことです。

 

人工授精、体外受精などを含めた不妊治療の精神的負担や費用の問題、家族やパートナーによる高まる期待に対するプレッシャー、自分の身体に対する不安、職場とのやりとりや年齢的な問題など。

 

お仕事をしながら妊活にあたっている女性は、両方のバランスをとりながら進める必要もあります。

 

家族と住んでいる場合は、周りからのプレッシャーもひしひしと感じるケースもあるでしょう。

 

これらを踏まえて、身体の状態や機能をより良くするお手伝いをするのはもちろんのこと、精神面においてのサポートもさせていただくことが大事ではないかと思うようになりました。

 

子供を育む準備は簡単なことではないかと思います。私は妊娠活動に携わる身として経験という意味では浅いです。

 

しかし、一人一人と真摯に向き合うことは今の私にもでき得ることです。ペキン堂鍼灸院の高橋の鍼を受けたらなんか身体が楽になっただけでなく、精神的な部分も楽に考えれるようになったと感じていただけたら嬉しく思います。

 

生きていれば、嬉しいことや楽しいことも、ショックを受けたり残念に思うこともあります。人間なのですから。ただ、そういうことも一色単に受け止めて前に進めるように、寄り添いながらサポーターとという立場からお付き合いができたらと思っております。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

不妊の根本因子

不妊症の原因としては、大きく分けて排卵因子、卵管因子、子宮因子、男性因子、年齢因子などがあります。

 

その背景には、自律神経の乱れ、生活習慣といった日常的なところから、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣機能低下症、男性の場合は無精子症なども考えられます。

 

未だ、原因不明な病気や症状も多いのが現状です。

 

東洋医学において「冷えは万病の元」と言われますが、当院ではこの冷えに着目した治療を行っております。

 

冷えは、免疫力を下げるということを、さまざまなところで聞くことが多くなってきました。

 

冷えは本来の機能として備わっている「自然治癒力」を低下させてしまうので、妊娠にも大きく関わってくると言えます。

 

体を温めることで免疫力を高めて、本来備わっている自然治癒力の促進を狙います。

 

冷えを取り除いて妊娠力を高める

不妊症の根本原因は(冷え症)にあると考えています。冷えを解消して、自然治癒力を高めて妊娠する可能性を少しでも高め、導いていくという根本治療を行います。

 

冷えが強まり、自然治癒力がさらに減衰してしまうと、いくらホルモン療法で女性ホルモンを補充しても、健康な卵子が作られなかったり、子宮内膜がふかふかに育たなかったりすることがあるそうです。

 

また、体外受精や顕微授精を行っても受精卵が着床できないこともあります。理由としては、ホルモン療法や人工授精、体外受精、顕微授精は妊娠の成立を補助するものであって、不妊症の根本原因である冷えを解消するものではないからです。

 

しかし、人工授精や体外受精などの高度医療を受けることで、妊娠の可能性が高まることは事実です。冷えを取り除くことをしながら、それぞれの利点をうまく活用してもらうのがいいように思います。