ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

体を温める食事

【野菜で体を温める】

 

食べ物には、体を温める食材と

冷やす食材があります。

食べ方にも、体を温める食べ方と

冷やす食べ方があります。

 

一般に、野菜は体を冷やすと単純に

思われがちですが、現在では一年中を通して、

体を冷やす夏野菜や南方産の果物などを、

体を冷やす「生で食べる」習慣が

広まってしまったからです。

 

しかし、本来野菜に含まれる

ビタミンCビタミンEは、

冷え症に効果があると言われているもので、

ビタミンEは血行を良くするはたらきと、

体内のホルモン分泌を調節するはたらきがあります。

また、ビタミンCには、血液の主要な材料となる

鉄分の吸収を促進、毛細血管の機能を保持する

はたらきがあります。

 

冬野菜に限らず、ビタミンCを含む果物や

ビタミンEを含む穀物や豆なども

体を温める食べ物なのです。

 

 

● しょうが、とうがらし

厳しい寒さを向かえて忘れてならないのが、

体を温める食材として、しょうが、とうがらしなど。

普段からは薬味やスパイスとして活躍している食材ですが、

血行を促進する効果があり、

体を温めるのに優れた食材として、

あらためて冬場のお料理に活かしたいものです。

 

● ねぎ

ねぎには、ねぎの白い部分を食べる根深ねぎと葉の部分を食べる葉ねぎがあります。

白い部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜です。

ねぎ特有の辛味成分はアリシンには、血行をよくし体を温める作用があります。

葉の部分には、カロチンやビタミンCが含まれ、風邪予防に効果あります。

 

● しょうが

辛味成分であるジンゲロンやショウガオールには発汗を促す作用があり、

冷え症だけでなく、風邪の初期症状の緩和に効果があります。

 

● とうがらし

辛いものを食べると体が熱くなりますが、その代表がとうがらし。

赤とうがらしの他、チリペッパー、カイエンペッパーなど種類が豊富ですが、

カプサイシンと言われる辛味成分に体を温める効果があるのです。

カプサイシンには、毛細血管の血液循環をよくするはたらきがあります。

また、とうがらしは皮下脂肪の代謝を促進させるため、肥満防止やダイエットにも使われます。

 

 

● 体を温める野菜には

 

・かぼちゃ ・たまねぎ ・にら ・にんにく ・にんにくの芽 ・ねぎ ・赤唐辛子

・しょうが ・だいこん ・かぶ ・ごぼう ・白菜 ・赤ピーマン ・紫蘇 ・人参 ・豆類

・イモ類 ・ブロッコリー ・ピーマン ・ゴマ ・山芋 ・小豆 ・もち米

・茹でたキャベツ ・切り干し大根など

 

● 反対に、体を冷やす野菜には

・きゅうり ・トマト ・なす ・セロリ ・レタス ・もやし ・おくら ・ほうれんそう

・生のキャベツ ・にがうり ・とうがんなど

冬場に体を冷やす野菜を食べたいときは、

煮物にしたり炒め物やスープにしたり、

火を通して温野菜にして食べることがおすすめです。

また、生のままの野菜はその性質に関係なく、

体を冷やすということを忘れないでください。

 

 

【色彩による見分け方】

 

● 体を温める食べ物(キーワード:赤、黒、オレンジ)

・ 根菜類・・・ごぼう、にんじん、レンコン、ねぎ、たまねぎ、山芋

・ 動物食品・・・赤身の肉、卵、チーズ、魚、魚介類

・ 色の濃い食品・・・赤ワイン、和菓子、黒砂糖、紅茶、ニラ

・ 北方産の果物・・・りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン

・ 塩気のある食べ物・・・味噌、しょうゆ、明太子、ちりめんじゃこ、漬物、佃煮

 

● 体を冷やす食べ物(キーワード:青、白、緑)

・ 水っぽいもの・・・水、酢、牛乳、ビール、ウイスキー、コーラ、生野菜サラダ

・ 南方産・・・バナナ、パイン、レモン、トマト、キュウリ、スイカ、コーヒー、緑茶

・ 白っぽいもの・・・白砂糖、化学調味料、化学薬品

・ 柔らかいもの・・・パン、バター、マヨネーズ、クリーム