ヘッダー画像

パルスケアについて

パルスケアとは

低周波の電気を鍼につなぎ、

筋肉を自動的に動かして血流をアップさせます。

 

栄養素の吸収促進

パルスで微弱な電気を流すことにより、

筋肉や各組織の細胞に栄養が運ばれやすくなります。

 

栄養は血液によって運ばれるので、

パルスと鍼の両方からの刺激により相乗効果を図ります。

 

病気の細胞は栄養が不足している細胞で、

健康な細胞は栄養が充分に行き届いている細胞と言えます。

 

老廃物の除去

リンパ液は、

筋肉が弛緩と収縮を繰り返して流れていきます。

 

電流により、

表情筋などの筋肉が弛緩と収縮を繰り返すことで

リンパの流れが良くなります。

 

つまり、

リンパを流すことにより

老廃物の滞りをスムーズにします。

 

また、

メラニン色素が溜まると日焼けの原因なるので、

メラニン色素の流れも改善することによりくすみを取ります。

 

コラーゲン生成細胞の増加

電流は

修復したい部位を流れるというよりも、

損傷部位の周囲に流れることになります。

 

例えば、

ニキビだとニキビに直接流れるのではなく

損傷したその周りに電気が流れます。

 

細胞活動を正常化にする作用があるので、

コラーゲン生成細胞が増加するため

炎症は減少します。

 

健康的な細胞代謝は、

健康的なお肌を作ります。

 

血流量増加

損傷部位や

改善したいポイントに電気を流すことで、

血液循環の改善を図ります。

 

電気により筋肉が弛緩と収縮を繰り返され、

運動することでポンプ作用が働き、

血管や動・静脈の血液の流れが良くなります。