ヘッダー画像

プロフィール

高橋 昇吾 Shogo Takahashi

 

 

【自己紹介】

出身:::::愛知県あま市

現住所::::名古屋市内

 

 

名古屋市の大須観音の近くで

鍼灸整体院の院長をしております。

 

 

休日は、デッサンしたり、読書したり、

カラダの使い方の研究をしたり、

ジムに行ったり、趣味の時間を満喫しております。

 

 

そろそろ、本題に戻したいと思います。

 

 

やりたいことが本当はたくさんある。

でも、体や心がついてこない。

 

 

実はこれ、過去に私自身が何度も

頭の中で繰り返していた言葉です。

 

 

慢性腰痛、重度の末端冷え性、低体温症、

アレルギー喘息、アレルギー性皮膚炎、

蕁麻疹、顎関節症、肩こり、頭痛、

背部痛、股関節痛、顎関節症、肩関節周囲炎、

腱鞘炎、ランナー膝、肉離れなど

 

 

自分自身のさまざまなケガや症状と

これまでに向き合ってきました。

 

 

過去とはいえ、いち治療家がこんなにも

体の不調を訴えていたなんてなんだか

笑ってしまいますね(笑)

 

 

蕁麻疹に至っては、小学生の頃から始まって、

これまでに何十件といろいろな皮膚科へ行きました。

 

 

しかし、自分の納得のいく治療法は

そこではみつかりませんでした。

 

 

高校生の時に、薬や西洋医学では

自分の体は治らないと悟って、

そこから東洋医学の鍼灸という道へ進みます。

 

 

その道に入ったおかげか、

現在では、ありがたいことに

上記の症状やケガはほとんど改善していきます。

 

 

肩こりや腰痛は、整形外科、接骨院、整体院、

カイロプラティック、他の鍼灸院に通っても

一向に状態は良くなりませんでした。

 

 

ジムでトレーニングを続けましたが、

体を支えるための筋肉はついても、

腰痛の根本的な解決にはなりませんでした。

 

 

それもそのはず、

これまで自分が行ってきたことは

どれも対症療法に過ぎなかったのです。

 

 

対症療法はその場の痛みは取れても、

時間が経てば元にもどってしまいます。

 

 

そう、

痛い箇所にばかり目を向けており、

原因に対してのアプローチを

全くしていなかったのですね。

 

 

根本的に治していくには、

痛みの原因を引き起こしている

原因に目を向ける必要がございます。

 

 

日常生活の無意識の行動を

見直さなければ、結局は

元の木阿弥(もくあみ)です。

 

 

過去の私は、

体の不調があることで、

自分のやりたいことが

著しく制限されていました。

 

 

スポーツ、人付き合い、仕事のパフォーマンス、

睡眠の質、楽しいはずの遊びに関してもです。

 

 

周りからも差をつけられて、

自分がなんだか置いていかれているような

感覚に陥って悩んだ時期もありました。

 

 

いま思えば、他人と比べる思考回路は

心身に本当によろしくないのですが...。

  

 

やりたいことが頭の中にあるのに、

体や心がついてこない。

 

 

これは、

本当に辛いことです。

 

 

けれど、ある時期から

自分自身の体ときちんと向き合って、

原因に目を向けてこれまでの

視点と思考を変えていきました。

 

 

そして、

治すにはどうしたらよいかを

常に考えて諦めずに

コツコツと行動し続けました。

 

 

自分のカラダに鍼を刺して、

どこに一番効果があるのかをそれぞれ検証しました。

 

 

ストレッチに改良を加え、

どうしたら筋肉が効率よく伸びて、

筋緊張が緩みやすい方法がないかを模索しました。

 

 

そして、自身のカラダの使い方を分析して、

その痛みの原因を突き止めて改善していきました。

 

 

カラダに良いと言われるセルフケアは

いろいろ試して実践していきました。(進行中)

  

 

アレルギー、蕁麻疹は、食事療法を中心に

生活習慣を変えて改善していきました。

 

 

すると、どうでしょう。

 

 

生きているのが辛かった自分の心身に

少しづつ変化が訪れ始めたのです。

 

 

自分の体と向き合って、

コツコツと工夫を加えていった結果、

いつの間にかカラダが以前に比べて

遥かに楽になっているではありませんか。

 

 

自分の理想の姿を想像して、

然るべき行動をとれば必ず道は開ける。

 

 

今でもそう強く信じております。

 

 

ひとつ、

私から言わせて頂きたいことがございます。

 

 

それは、現在これをお読みの方で、

何かしらの不調を抱えている方がいましたら、

そのお悩みを絶対に諦めないで頂きたいのです。

 

 

もしかしたら、疾患を長引かせすぎて、

これって本当に治るのか?という

疑念が生まれるかもしれません。

 

 

自分自身のことを信じることが

できなくなっている方も、

中にはおられるかもしれません。

 

 

けど、安心してください。

 

 

私は体のことに関しては

本当に諦めがワルイ男です。

(もちろんいい意味で)

 

 

あなたが、治らないかも?と

一瞬でも思ったとしても、

私は必ず良くなる、

きっと良くなると信じています。

 

 

健康面から未来に希望を持ち、

日々の生活の中で幸福を感じることが

できる人を増やしていきたい。

 

 

これが、

自分の過去の経験から得た理念であり

心からの願いと思いです。

 

 

私は、あなたの不調のお悩みを

受け止めさせて頂く覚悟ができております。

 

 

さぁ、ご自身のカラダと向き合って

本来のカラダを取り戻していきましょう。

 

 

そのお手伝いは、わたくし髙橋が

全力でサポートさせて頂く次第です。

 

 

「カラダが整うから、ココロが整う」 

 

「ココロが整えば、人生が整う」 

 

 

ペキン堂鍼灸整体院 髙橋

 

【生い立ち】 

 

1985:元気に誕生

2000:野球部、陸上部、なぜか相撲部に所属

2002:薬では治らないと気づき東洋医学に興味をもつ

2004:鍼灸学校入学、サッカー始める

2007:アレルギー再発(喘息、皮膚炎)

2009:体質改善成功(アレルギー完治)

2011:某人気鍼灸接骨院勤務

2013:インドに現実逃避(笑)

2015:北京堂鍼灸院(綾瀬)で師事を受ける

2016:ペキン堂鍼灸院開業

2017:大須でクライアントさんに貢献

2018:講習開催、身体の使い方AT習得中

2019:根本治療スタート

 

 

【目的】

 

健康を通して、希望や幸福で溢れる社会を想造していくこと。

 

【休日の過ごし方】

 

読書、ゴルフ、絵画、ジム、体の仕組みの研究

 

【ひとこと】

 

はじめまして!院長の高橋です!

食生活の改善、有利な体の使い方、姿勢の改善方法、

ご自宅でできるセルフケアなども気軽にご相談ください。