ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

当院のこだわり

① 浅い鍼はしません

筋肉の絞扼(こうやく)やコリは、深層の筋肉でおこっているからです。効果をより実感して頂くために深刺し刺鍼をしております。

② 少ない本数では打ちません

本数を多くすることで、硬くなっている筋肉の繊維を広範囲で切ることができます。その方が血流の流れが明らかに良くなるからです。

 

③ 短い置き鍼はしません

鍼を刺鍼してから、筋肉が緩むのに20分ほどかかるからです。比較試験においても、10分、20分、30分と置鍼した後の血流量を調べた結果、長く置いた方が効果が高いことがわかっています。