ヘッダー画像

判定日からの妊活鍼灸

① 陽性の場合

妊娠初期は不安定な時期のため、

妊娠の維持のために母体の健康状態を整えます。

 

鍼の刺激は抑え気味になりますが、

ストレスを緩和し、

血液循環を良くし流産のリスクを減らします。

 

② 陰性の場合

次の周期の病院での治療によっても変わってきます。

 

今後の妊活鍼灸としては、

年齢、

ホルモン値、

お身体の状況によって総合的に判断して決めていきます。

 

③どちらとも言えない場合

可能性がある限り、

妊娠を維持できるように後押しするように施術を行います。

 

染色体の異常がある場合は仕方がありませんが、

赤ちゃんの生命力を応援します。

 

残念ながら、

血中hcgが下がってきてしまった場合や、

子宮外妊娠の疑いがある場合は、

リセットしてリスタートする必要があります。

 

この時期は、

お身体の消耗もあることかと思いますので、

回復させてしっかりと土台を整えていきましょう。