ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

妊活鍼灸の方法と流れ

(1)カンセリングと問診

現在に至るまでの治療内容や経過などを聞いて、ムリのない治療方法を考えていきます。

(2)触診

触診を行って、冷えやコリなどの状態を調べます。

(3)治療内容の決定

お灸や鍼の種類を決めて、時間配分などを相談しながら決定します。

(4)妊活治療開始

腰部周り、下肢を中心に深い鍼をしていきます。必要があれば背中や首肩にも鍼をします。置き鍼をしながらお灸を全身(冷えがあるツボ)に行います。最後に、全身調整の鍼を行います。

(5)予後のアドバイスと生活習慣の話し

妊娠しやすい体づくりのための生活習慣の改善について話し合い、改善点を決めていきます。

(6)お灸の指導と説明

冷えが強い方は、ご自宅でできるお灸の方法をお教えします。ご自宅でのケアと併用して冷えを解消して自然治癒力を高めていきましょう。