ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

妊活鍼灸のタイミング

基本的には、週に1回程度の妊活鍼灸が理想です。体質改善には3ヶ月はかかると言われていますが、鍼灸を行うことで体質改善の質を高めて、妊娠しやすい体づくりのための計画を立てていきます。

 

週に1回の施術はあくまで目安なので、本人のストレスにならないほどの頻度が望ましいです。

 

高度生殖医療・・人工授精(AIH)や体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)と併用して妊活鍼灸を受ける場合は、授精の1〜2日前に、タイミング方に合わせる場合はその1〜2日前に鍼灸を受けておくと妊娠する確率が上がります。

 

月経周期に合わせた妊活鍼灸はありますか?

① 月経期(生理START〜3日目)

 

この時期は、子宮の中に溜まった不要なものを排出する時期です。レバー状の塊が生じやすい方は、特にこの時期のデトックスが大切です。

 

オススメのツボ(築賓、曲線、足三里など)

 

【低温期(生理開始〜排卵日まで】

 

② 卵胞前期(4日〜8日目)

 

月経の血流量が減ってきた、5日目〜8日目くらいまでの時期。卵胞を育てるための血流の流れを促進させましょう。

 

③ 卵胞後期(8日〜14日目)

 

卵子にたっぷりと栄養を蓄えていく時期です。腰や臀部周りを中心に鍼灸をしていきます。良い卵子が育つ準備をするための大切な時期です。

 

④ 排卵期 / 着床期(排卵前後1週間ほど)

 

元気な卵子が子宮へ無事届くように、自律神経を整えていきます。排卵期は、無事着床するまでの数日間でもあるのでリラックスして過ごしましょう。

 

【高温期(排卵後から次の月経期まで)

 

⑤ 黄体期(生理がはじまるまで)

 

黄体期は安産のツボが効果的。着床した場合、妊娠3週目を迎えた大事な時期です。無理せず、安静すにることも忘れないでくださいね。