ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

子宮内膜症について

女性の病気で多いのが子宮内膜症です。子宮内膜の診断で治療を受けている女性は13万人程度と言われています。

 

子宮内膜は、普通子宮の内側にあり、生理のときに血液と一緒に膣から外に出ていきます。しかし、子宮内膜症の場合、子宮内膜に似た組織が子宮の外部(卵巣や腹膜)にできてしまいます。

 

そのため、生理のたびに子宮の外部の内膜組織から出血した血液がお腹に溜まっていくのです。

出血とともに炎症が引き起こされ、その修復の過程で組織同士がくっつき、癒着が起きます。

 

子宮内膜症では、お腹の中で出血を繰り返しているため、子宮と腸、または腸と腸とが癒着してしまうのです。

 

すると、腸の蠕動運動が鈍くなるので、便秘になったり、慢性的な腹痛、腰痛、性交通などに襲われます。

 

また、卵管の癒着を引き起こすこともあるのですが、卵管が癒着すると不妊の原因になります。

 

卵管は卵子と精子の出会いの場です。本来トンネルのような形をしている卵管が潰れてしまうと、卵子と精子が出会えなくなり、不妊につながるのです。

 

また、子宮内膜症組織から受精障害を引き起こす物質が出るため、これも不妊の原因になります。

子宮内膜症の方は、冷え性がある方がほとんどです。

 

冷えが強いと、子宮周りの血液循環が悪くなります。子宮内膜が上手く剥がれずに癒着したまま引っ張られることになるので余計に痛みが誘発されます。

 

まずは、冷えを改善することが子宮内膜症の治療の第一歩と言えます。

子宮筋腫について

子宮筋腫は、女性ホルモンの影響を受けた子宮の芽(筋腫核)が成長したものだと言われておりますが、女性ホルモンの中でもエストロゲンという女性ホルモンが子宮筋腫の成長に大きく関与していると考えられています。

 

女性ホルモンの分泌が盛んになる20代から40代の女性に子宮筋腫の症状が多くなるといいうこと、閉経した後の女性の子宮筋腫が徐々に小さくなっていくこと、エストロゲンの分泌が最も盛んになる妊娠期に子宮筋腫が大きくなりやすいことなどから、女性ホルモンの中のエストロゲンが子宮筋腫の成長に大きく関与していると考えられています。

 

・子宮筋腫の原因は?

子宮筋腫の原因は諸説さまざまですが、特に食品添加物や化学調味料の摂りすぎ、農薬、生活のストレス、仕事のストレス、栄養過多などがあげられます。

 

ホルモンバランスを崩すことで起こることから、ホルモンバランスを崩すものには何があるか?と的を絞っていけば引き金が特定しやすいかと思います。

 

内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)という言葉がありますが、要約すると「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と政府は定義しています。

 

内分泌撹乱物質にはさまざまなものがありますが、例えば、経口避妊薬や、更年期障害の治療薬、流産防止薬で使用されたジエチルスチルベストロールなどです。

 

界面活性剤の原料(アルキルフェノール類)、プラスチック製品の原料樹脂(ビスフェノールA)などの一部も野生生物の内分泌系に悪影響を与えることが示唆されています。

 

ここでは書きませんが、化粧品にも多くの界面活性剤を含む内分泌撹乱物質が含まれますので、日用する化粧品の成分表には十分注意して気を配ってあげましょう。

 

・環境ホルモンの摂取を避ける方法は?

環境ホルモンの人体に対する影響ははっきりしていないことが多いようですが、悪影響を及ぼす可能性があるのなら、できるだけ避けたいうのが正直なところではあります。

 

環境ホルモンは意外と身近なところに多いので、完全に避けることは難しいかもしれませんが、ある程度の摂取量を減らすことは可能であると考えています。

 

・無添加の食品や無農薬の野菜や果物を買うようにする

 

環境ホルモンと疑われる化学物質は、添加物や農薬にも含まれていることがあります。できるだけ、無添加の食品や、農薬を使っていない、無農薬・減農薬の野菜や果物、お米を買うようにしましょう。

 

インスタント食品や冷凍保存食品には添加物が多く含まれていることが多いので、自分で炊事をする習慣をつけることで、食品添加物の摂取量を減らすことができるようになります。

 

・プラスチック類の容器は避ける

 

軽くて頑丈なプラスチック類は便利ではありますが、環境ホルモンが含まれている可能性はあります。プラスチック容器から環境ホルモンの疑いがある物質「ビスフェノールA」が溶け出すことがあり、食器やお弁当を買う際には、商品の底などを見て製品物質をチュックするのがいいと思います。

 

環境ホルモンを避けるには、ガラスや陶器、漆器の食器類を使うのが予防法となります。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は発生する場所によって3つの種類によって分けられます。

 

筋層内筋腫」は、子宮筋層と呼ばれる部分にできる筋腫で、子宮筋腫の中で最も多いパターンです。

 

腫瘍の大きさが小さいうちは自覚症状がない場合が多く、症状もほとんどありません。大きくなるに連れて子宮内腔にまで張り出して来て、子宮内腔の変形や子宮内膜の圧迫、過多月経や月経痛等の異常を招きます。


漿膜(しょうまく)下筋腫」は、子宮の外側の漿膜内にできる筋腫を漿膜下筋腫と言います。

 

子宮の外側にコブのよう突き出るので子宮を圧迫したりはしないので、症状が出にくいのが特徴です。大きさが大人の握りこぶし大くらいに大きくなってくると、頻尿、下腹部痛、腰痛などの症状を引き起こします。


粘膜下筋腫」は、子宮内側の粘膜にできる筋腫を粘膜下筋腫と言います。

 

子宮内腔に突き出る形になるので、小さい物でも月経量が多くなったりします。不正出血が起こったり、月経が止まりにくくなったり、貧血を起こしやすくなる事もあるようです。

 

このうち、粘膜下筋腫筋層内筋腫は、妊娠の妨げになりやすいので注意が必要です。特に粘膜下筋腫は子宮内腔まで突出するので、小さな筋腫でも受精卵の着床の妨げになることがあります。

チョコレート嚢胞について