ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

【腱鞘炎も鍼】

 

 

 

腱鞘炎は、腕橈骨筋と長・短橈側手根伸筋や、長母指屈筋、長掌筋などの過緊張から発生します。

 

これらの筋肉を使いすぎているために、腕の筋肉が異常な収縮を起こしています。筋肉が収縮すると縮む方向に働くので、筋肉付着部が引っ張られて、腱鞘付近で炎症が起こり、痛みが誘発されるのです。

 

したがって、上記の筋肉を鍼で弛めてあげればほとんどの場合は完治します。

 

原因は人それぞれですが、共通しているのは、仕事やスポーツにおいて特に手関節や、肘関節をひねる動作が多い方になりやすいようです。

 

腱鞘炎は軽度であれば1、2回で完治しますが、重度であってもほとんどのケースで、治療後に安静を心がければ、3~8回くらいで完治します。

 

ただし、日常的に無理に手を使う方は治りが遅れる場合や、治らないケースもあります。したがって、基本的には鍼治療と同時に手を休めることが大事で、言うまでもありませんが治った後の使い方がとても重要であると言えます。

 

それでは、あなた様の腕がいつまでも健全な状態でありますように。