ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

【耳鳴り、難聴、めまいの鍼治療】


耳鳴りは、一言で言うと脳への血流が不足しているためにおこる神経症状です。


心臓から脳への通り道にはなにがあるでしょうか…。


そう頸です。もう少し掘り下げてみると、頸動脈と椎骨動脈があります。


北京堂の耳鳴り治療はこの椎骨動脈の周りにある筋肉の緊張を取り除いて、


耳への血流量を良くしてあげることで改善を狙うやり方です。


軽・中度の耳鳴りや急性のめまいなら3〜5回程度で治ります。


この治療では主に低音域の難聴には効果を発揮しますが、高音域には変化がないようです。


そしてヘルペスなどによるウイルス性難聴には、時間が経過すると効果がないようです。


ただし、神経そのものが破壊されていたり死んでいるものには何をやってもダメなようです。


北京堂式の耳鳴り、難聴の治療は、もし回復する余地があれば3回ぐらいで効果が現れ始めますが、ダメな場合は全く効果がなく、変化しません。