ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

寝違いの鍼

両側の寝違いならば頸部刺鍼をおこない、背部へは第7胸椎くらいまで夾脊穴を使います。

 

片側の寝違いなら、痛む側を上にして側臥位にします。そして、片側の夾脊穴へ刺鍼します。上天柱や上風池から刺鍼して、側頸部の中央ラインを上部から下部に4本排刺します。

 

ここで注意することは、頚と方が交わるラインから下には刺鍼しないことです。そのカーブから下へ刺鍼すると、気胸が起こる可能性があるので要注意です。

 

中斜角筋へ刺入したら、その前にある前斜角筋へ刺入します。横向きなので4本刺入します。

 

後部へは、後斜角筋と肩甲挙筋の2列に4本づつ排刺します。こうして40分置鍼すると、大体の寝違いの痛みが消え、頚が回るようになります。

 

それでも、痛みが取れない場合は運動鍼をおこないます。