ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

坐骨神経痛の鍼治療

 坐骨神経痛、大腿神経痛、大腿外側皮神経炎にわかれます。

 

・坐骨神経痛:梨状筋部とふくらはぎの痛み

・大腿神経痛:大腿前面の痛み

大腿外側皮神経炎:大腿外側の痛み

 

ただし、痛む部位は範囲が広かったり狭かったり異なります。

このうち、ヘルニアの痛みと重なるのは第4腰椎から下の坐骨神経痛だけです。

 

大腿外側皮神経や大腿神経が第3腰椎から神経がでるので、上部は腰椎の負担が少ないためヘルニアが除外できます。

 

中国では坐骨神経痛を根性と乾性にわけるそうです。日本式に翻訳すると、根性は大腰筋、乾性は梨状筋症候群になります。

 坐骨神経痛の鍼

大腰筋へ刺入して神経根部の絞扼を解消します。次に。梨状筋部分にも2.5〜3寸の5番鍼を3本ほど入れます。さらに、下腿の坐骨神経を圧迫するヒラメ筋にも3寸鍼を入れます。これは、腓腹筋ごと3列に刺鍼します。

 

大腰筋の収縮による坐骨神経ならば、大腰筋へ刺入したとき、ふくらはぎに夜間痛と同じ痛みが再現されます。それが出れば大腰筋の萎縮で起きた坐骨神経痛なので治りますが、もし、痛みがでなければ、ヘルニアの可能性があるので検査が必要になります。

大腿外側の痺れや痛みの鍼

 側臥位で、この場合は、大腰筋の第3腰椎間が神経根性となりますが、腰方形筋も関係することもあるので、根性ついでに腰方形筋へも刺鍼します。

 

 

また、神経根性の大腿外側痛が小臀筋になります。大腿外側皮神経は、小臀筋あたりを通ることが多く、小臀筋で絞扼されるケースがほとんどです。これには10番の3寸くらいを臀部刺鍼のように刺しますが、これは大転子の周囲が中心になり、腸骨稜まで近づかなくてよいです。 

 

特に大腿骨頭頸部を狙って刺入します。大転子の後ろ側が大腿外側後方の痛み、大転子の前側が大腿外側前方の痛みに効果があります。

 

これも、外側広筋などへ3寸を使って3列に排刺する場合もあります。

 

大腿前側が痛む場合は、刺鍼して大腿前側に締め付け感があれば、根性の治療をします。それだけで治る可能性があります。幹性が、腸骨筋になります。

 

腸骨筋へは、患者を上向きに寝かせて。膝を曲げて三角枕を入れ、腹筋を緩めます。そして、上前腸骨棘の内側から仙骨へ向けて、3〜4寸10番の鍼を腸骨窩に沿わせて入れていきます。