ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

五十肩・四十肩の鍼治療

五十肩の夜間痛なら、鍼1回の治療でも痛みが半減します。

夜間痛が半減すれば、五十肩の痛みも、ずいぶんと楽になります。

 

慢性的な四十肩・五十肩の治療回数の目安は60分の鍼で8〜12回です。

完治するか、日常生活に支障のないレベルまで回復します。

 

五十肩の初期症状は、頚が原因です。そこで、基本刺鍼の頸部刺鍼が中心になります。寝違いや頚椎症の治療と基本的には同じで、大椎周りの筋肉を主に解していきます。五十肩は主に3つのパターンとそれぞれの治療法に分かれます。

 

(1)棘上筋・三角筋型

・腕を水平に挙げると痛む。

・肩を水平に上げたまま、下へ押すように抵抗を加えると肩関節が痛む。

 

【治療方法】

 

(棘上筋・三角筋型への鍼

 

1.横向きに寝かせる

2.肩甲骨と鎖骨の間(肩井や巨骨のあたり)から10番3寸を3本、上腕骨頭へ向けて刺入

 

3.頚夾脊穴へ刺鍼

4.前中後斜角筋に刺鍼

5.肩甲挙筋へ刺鍼

6.腋から肩甲下筋へ10番3寸を刺鍼

7.三角筋へ刺鍼(3つのラインから下に拝刺)

(2)棘下筋・肩甲挙筋型

・手で反対側の肩を掴むとき痛みます。

 

【治療方法】

 

(棘下筋・肩甲挙筋型への鍼)

 

・原則として肩甲骨内縁の肩甲挙筋へは刺鍼しない。気胸の恐れがあるから

・肩甲棘の下に合わせ、内縁から肩甲棘へ向けて4センチ間隔で斜刺

・天宗あたりからも肩甲棘へむけて斜刺

・肩関節付近も肩峰へむけて斜刺

・肩甲骨外縁から天宗へむけて斜刺

・こうして棘下筋、小円筋、大円筋へ刺鍼

(3)肩甲下筋・烏口椀筋型

・腕を後ろへ引くような動作で痛む

・シートベルトや後ろで紐を結ぶときに痛む

 

【治療方法】

 

(肩甲下筋・烏口椀筋型への鍼)

 

・患者さんを側臥位にします

・胸郭との境目から3センチぐらい外へ10番3寸を3本直刺します(肩甲下筋)

・下側から上腕二頭筋と上腕骨の間へ横刺で刺入します。2寸3番位を使います(烏口椀筋)

・上腕の上半分位まで刺入する

 

*指先や手の異常は、前斜角筋、肩甲下筋、烏口椀筋、上腕筋、前腕の筋肉が硬いためにおこります。その中でも特に重要なのは、大椎周りの夾脊穴を緩めることです。