ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

顎関節症の治療

 神経支配:三叉神経の第Ⅱ枝→三叉神経がC3まで降りてきて後頚部の緊張(ストレス)の影響を受ける

 

(外側翼突筋)

 

・外側翼突筋は上頭と下頭に分かれます

 

外側翼突筋上頭(閉口時に働き,関節円板を関節窩内に固定する)

 

・外側翼突筋下頭(開口時に働き,関節頭を前下方に引く

(内側翼突筋)

 

内側翼突筋は閉口に働きます

内側翼突筋が収縮すると、咬筋とともに下顎骨を挙上します

咬筋などに比較すると挙上への収縮力は少なく、すりつぶし等の側方運動時に作用します

(咬筋)

 

咬筋は浅部と深部の2つに分かれ走行しています

 

咬筋が収縮すると、下顎骨を挙上させ下顎骨を強く頭部方向に引きつけます

(側頭筋)

 

側頭筋が収縮すると、咀嚼筋として下顎骨を挙上させます

 

・後部が収縮する事で下顎骨を後上方に引く作用も持っています