ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

【テニス肘・ゴルフ肘・野球肘の鍼】

 

スポーツ疾患の中でもテニス肘やゴルフ肘、野球肘(以後スポーツ肘と書きます)といった類は大体原因は同じです。

 

自身の筋肉以上の負荷がかかっている為の、筋肉のオーバーワークが痛みの原因です。

 

練習に対してストイックな方や、休息を取るのが苦手な人にスポーツ肘はなりやすいようです。

 

痛みが出てしまうと自分の筋力をあげようにも無理はできないのでまずは適切な治療が必要であると思います。

 

スポーツ肘の痛みの原因を起こしている部位は、内側上顆炎と言いますが肘の骨の部位に直接鍼をしてもすぐに元の痛みに戻ってしまうようです。

 

外側上顆炎(男性に多い)の場合もあります。

 

なので、肘の周りの過緊張を起こしている筋肉を緩めてあげないとなかなか治っていきません。

 

まず、スポーツ肘は上腕筋が損傷していることが多いです。上腕筋は腕から肘をまたいで尺骨に繋がっていますので肘の痛みがあるときは上腕筋を緩めます。

 

次に、テニス肘やゴルフ肘なんかは腕の屈筋群がやられることが多いので、そこに関わる筋肉も鍼で緩めていきます。

 

筋肉でいうと、橈側手根屈筋や尺側手根屈筋、浅・深指屈筋、円回内筋辺りです。内側上顆の辺りはいろんな筋肉が付着するので触診により硬くなっている筋肉には鍼をしていくのがポイントです。

 

これで、状態にもよりますが5〜6回くらいやれば大体良くなるようです。1回でも痛みは半分くらいは取れますが、だからといってすぐに練習を再開したり、腕を使いすぎたりすると元の痛みに戻っています。練習しながらですと8〜10くらいかかる場合もあるようです。

 

なので、鍼をした後にいかに休息をしながら鍼をして治療をしていくかが大事です。特にスポーツ選手の多い肘の痛悩みですが、痛みから早く解放されることを願います。