ヘッダー画像

噛み(神)合わせチャンネル

vol.91 信じ切ることの大切さ
vol.91 信じ切ることの大切さ 信頼 信用 信仰 とありますが、 それぞれの意味をスタンドエフエム内に てお話させてもらっております。 大事なのは自分の信じた道を、 腹を括って信じ切ることです。 自分が信じた道を歩む事で周りに共感してくださる方、 応援してくださる方が集まってきます。 もちろん生きていれば、自分の考えに対して...
vol.90 ご縁の話しと神様は身近にいる
vol.90 ご縁の話しと神様は身近にいる 参拝の際に良縁を願うというよりは、 今、出会えているご縁に感謝をする。 その方が幾分か健全かもしれません。 もし、新たにご縁を結びたいなら やることはシンプルです。 それは、これまでのご縁を切るだけです。 ご縁を切るというとなんだか冷たい 印象を受けてしまいがちですが、...
vol.89 神社で参拝するときの心得と気をつけたいこと
vol.89 神社で参拝するときの心得と気をつけたいこと 神社に参拝するときの心得が いくつかございますので紹介します。 ・銭は入れなくてもよい ・我欲の願い事は控える ・感謝の念を持つこと ・献上は酒、米、塩をイメージ ・頭の中を透明の水のようにする などなど、詳しくは音声に 入れてありますのでよければご視聴ください。...
vol.87 水は上から下へ流れゆく
vol.87 水は上から下へ流れゆく 地球全体の水の割合は7 0%にあたるそうです。 そのうち海水が97.5%、 淡水が2.5%を占めるそうです。 人間も一緒で胎児や子供だと70〜90%、 大人だと60%が水分にあたります。 この水の流れをいかに潤沢にするかが 大事なことだと感じています。 水は雨が降り、 山に落ち上流から下流へ流れます。 人間も同じで口から末端に...
vol.86 信じごとは試されごと
vol.86 信じごとは試されごと いまの時代信じるという言葉が とても大事なキーワードになっきます。 信じ切ることができると自ずと 目の前の道は開いていくものです。 私の周りでも自分の分け御魂を知って どんどん道を切り開いている人が増えてきています。 歴史上はじめて神様と人間が繋がられる時代です。...
vol.85 自立と共依存について
vol.85 自立と共依存について 自ら立つと書いて自立と書きます。 反対に依存ということばは、 依=もたれかかる 存=人間、物、事柄 こういった意味があります。 一時的にもたれかかることはあってもいいのですが、 人、物、事にもたれかかれ過ぎるとそれは依存につながります。 理想なのは、 まずは自分が自立すること。 そして、自立したらお互いに...
vol.84 大事にするのは遠い人より近い人
vol.84 大事にするのは遠い人より近い人 遠い人より近い人を大事にする 物理的に近い人という意味ではなく、 精神的に近い人のことを指します。 近い人というのは、まずは自分、家族、 同志、仲間、会社の同僚、クライアント といったように関わりが近い人のことです。 近い人を大事にすることは、 私が教わった中で最も大事にしている ことのひとつの原則です。...
vol.83 心身の中庸とお金を稼ぐこということ
vol.83 心身の中庸とお金を稼ぐこということ 中庸とは、 偏らず中正なことであります。 噛み合わせでいうと陰陽統合は、 上下の前歯がきちんと合わさることを指します。 体のバランス、心のバランス、霊性のバランス どれも大事なことで三位一体です。 自分のバランスの軸を決めると、 腹を括ることにも繋がると感じています。...
vol.82 自他を認め、承認欲求を満たす
vol.82 自他を認め、承認欲求を満たす 自分を認め、相手のことを認める。 それができると相手と 比べる必要がなくなります。 相手の考えや、意見を認めることで 分断や対立を起こさない。 人間的倫理観や法から外れるのは また主旨が変わります。 相手を認めることで自分の世界が ひろがることも多々あります。 偏らず、中庸な立ち位置というのを...
vol.81 子供の噛み合わせをよくするには舌と顎の発育が大事ごと
vol.81 子供の噛み合わせをよくするには舌と顎の発育が大事ごと 子供の噛み合わせは、 大人の接し方、育て方によって いくらでも変わり得ることになります。 いくらかのポイントを抑えておけば、 将来的に子供が噛み合わせのズレで 悩むことを減らすことができます。 大事なポイントは舌、顎の発育です。 ・吸啜反射 (舌を上顎の裏につける)...

さらに表示する